初夏の上高地 (大正池〜明神池)
(1998.6.11〜13撮影)

上高地について
天下の名峰・槍ヶ岳を水源とする梓川、その流れが下ってきて緩やかになたところに広がる渓谷が上高地である。1915年
(大正4年)、焼岳の噴火により梓川がせき止められてできた大正池、後ろに焼岳を従えた姿は旅人を魅了してやまない。
少し上流にある田代湿原、田代池、途中「上高地帝国ホテル」の赤い屋根を見て、さらに上流に行くと上高地の中心部とも
言える河童橋。ここから見る梓川と穂高連峰の眺めは山岳景観としては国内随一と言っても過言ではない。さらに足を延ば
すと左に明神岳を眺めて、やがて明神池へとたどり着く。今回の撮影旅行では大正池から明神池までを残雪の穂高連峰と梓川
の流れを堪能しながら2泊3日の気ままな撮影旅行を楽しんできました。





[ 写真の見方 ]


上の[スライドショー(自動)]のボタンをクリックするとスライドショーが見られます。
個別の写真を見る場合は、各写真をクリックすると高画質写真が見られます、
閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。


ホーム











高画質写真 のプログラムは宮本様  から拝借しています。


inserted by FC2 system