鎌倉 夏風景
(2016年6月25日〜6月27日撮影)

夏の鎌倉について

6月下旬、アジサイの咲き乱れる時期、鎌倉を訪れた。25日は「北鎌倉駅」近くの東慶寺、明月院。東慶寺は明治初めまで縁切り寺
として名高い。最近はアジサイも知られるようになった。明月院は鎌倉三大アジサイ寺として有名で、この日も午後2時頃に着いた
が結構な人出で相当混み合った。アジサイは適所に植栽され見る者を飽きさせない。27日は鎌倉三大アジサイ寺の長谷寺に9時頃に
着いて、本堂の本尊「長谷観音」を拝観、像高9.18m、国内最大級の木造観音である。続いて長谷寺から少し足を延ばして高徳院・
鎌倉大仏を拝観、この像は最初は木造で作られたが、その後、建長4年(1252)に現在の青銅の像を鋳造、資金は民間の喜捨で作
られた。高さ13.35m、重さ121トンあり国宝に指定されている。その帰路、鎌倉駅下車で鶴岡八幡宮に立ち寄った。観光客で賑わう
小町通から歩いて終点で右折、鶴岡八幡宮へ到着。ここは鎌倉を代表する観光名所の一つである。源頼義が今の材木座に康平6年
(1063)に源氏の氏神様として鶴岡若宮を祭ったことがはじまりで、その後天下を治めた頼朝によって治承4年(1180)に現在の場所に
移された。代表的な江戸建築の本宮や、静御前の伝説が残る舞殿などみどころが多い。白旗神社には源頼朝公、実朝公を祭る。






[ 写真の見方 ]
上の[スライドショー(自動)]のボタンをクリックするとスライドショーが見られます。
個別の写真を見る場合は、各写真をクリックすると高画質写真が見られます、
閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
ダウンロードは出来ません。



三重県の風景・祭り












高画質写真 のプログラムは宮本様  から拝借しています。


inserted by FC2 system