2015年 第33回三重県明和町・斎王まつり
(2015年6月7日撮影)

斎王まつりについて
今年で33回目を迎えた明和町の「斎王まつり」、平安時代の衣装を身につけ、斎王さん始め群行参加者たちが往時を偲ぶ平安絵巻を
再現します。メーン会場(斎宮歴史博物館周辺)では沢山のテントが張られ、地元でとれた産物を中心にお土産や食事の数々が販売
されています。またメーン会場はでアトラクションとして、よさこいソーラン、大正琴の演奏や、バンド演奏、踊り、太極拳、太鼓などの
演技も披露されていました。この会場から徒歩で数分離れた上園芝生広場ではまつりの中心、「斎王群行」の行事が進められ、午後
1時からの「禊の儀」を皮切りに、出発式「発遣の儀」に続いて最大の見せ場「群行出発」が行われ雅な世界を醸し出していました。

今回の写真では、上園芝生広場で繰り広げられた「禊の儀」、「発遣の儀」、「群行出発」
までと、道中最終箇所からメーン会場へ進行してくるまでの模様を主に紹介しています。







[ 写真の見方 ]
上の[スライドショー(自動)]のボタンをクリックするとスライドショーが見られます。
個別の写真を見る場合は、各写真をクリックすると高画質写真が見られます、
閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
ダウンロードは不許可となっています。


三重県の風景・祭り










高画質写真 のプログラムは宮本様  から拝借しています。


inserted by FC2 system