三重県松阪市・2013年 第52回氏郷まつり  高画質写真展示
(2013.11.3撮影)

氏郷まつりについて
近江国日野で生まれた蒲生氏郷公は国指定史跡となった松坂城の初代城主で商都まつさかの礎を築き、その後、会津若松に移封
となる。文武両道の優れた人物で茶の道でも千利休七哲の一人。氏郷公の妻、冬姫は織田信長の娘で仲むつまじい夫婦であった。
(松阪市観光協会「第52回氏郷まつり」パンフレットより)
当日は松阪中心市街地を舞台に「武者行列」、「松阪しょんがいソーラン」や「松阪しょんがい音頭と踊り」などのパレードが行われた。
武者行列では「YOROI工房あいづ」手づくり甲冑隊、手作り甲冑勢洲津高虎隊、三河戦国武将隊、松阪手づくり甲冑隊、響座いなせ組
による武者太鼓隊など各地から参加して祭りを盛り上げてくれた。また会場の一角では松阪工業高校の乗り物、カリヨン松阪プラザ前では
着物ショーなども催された。







[ 写真の見方 ]
上の[スライドショー(自動)]のボタンをクリックするとスライドショーが見られます。
個別の写真を見る場合は、各写真をクリックすると高画質写真が見られます、
閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
ダウンロードは不許可となっています。



三重県の風景・祭り











高画質写真 のプログラムは宮本様  から拝借しています。


inserted by FC2 system