鈴鹿市・東玉垣町 須賀神社(牛頭天王社) 唐人おどり  高画質写真展示
(2011年4月3日撮影)

東玉垣町の唐人おどりは、毎年4月の第一日曜日に、須賀神社の牛頭(ごず)天王春まつりとして獅子舞などと奉納されます。
祭りでは3人の唐人がラッパ、ドラ、団扇を持って跳ね踊ります。起源は定かではないですが、明治初年以降から演じられていた
ようです。このお祭りは五穀豊穣の願いが込められていると言われています。祭りは須賀神社から数十人からなる練り行列で回り
東安寺までついたら、そこで獅子舞の奉納が行われるものです。その後の唐人おどりは夜の8時過ぎという地元の人の説明だった
ので、時間の都合上、全部は見られず帰途につきました。また機会があれば主役の唐人おどりも見てみたいと思っていますが、
午後8過ぎの催しではなかなか見ることはできないようです。唐人おどりは、かつては日本のあちこちで見られたようですが、
現在は三重県津市と、ここ鈴鹿市東玉垣町と岡山県牛窓町の3か所でしか行われていないということです。







[ 写真の見方 ]
スライドショーのボタンをクリックすると自動で順次見られます。

またサムネイル写真(小さな写真)をクリックしても高画質写真が見られます、
閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。
画像のダウンロードは出来ません。



三重県の風景・祭り









高画質写真 のプログラムは宮本様  から拝借しています。


inserted by FC2 system