松阪市・「国学の道」 高画質写真展示
(2010年4月3日撮影)

松阪出身の国学者・本居宣長ゆかりの場所を散策する企画「国学の道」を本居宣長記念館の
吉田悦之館長がコースを設定して、4月4日「宣長まつり」で案内役を務めて初お披露目をした。
コースは約1時間程度で回れる。

松阪公園(松阪城址)に移設されている宣長の旧宅を出発し、本居宣長ノ宮、松阪神社を経て
参道の桜並木を通って松阪工業高校前を通り、枝垂れ桜などを見て旧和歌山街道に出る。

宣長の母の実家と推定される民家を経て樹敬寺(じゅきょうじ)にある本居宣長の墓に参り、
日野町交差点を左折して旧参宮街道をたどる。新上屋跡は宣長が師と仰いだ賀茂真淵と
会った「松阪の一夜」伝説の地である。本陣跡を左折して美濃屋小路を経て、魚町通りを歩く。

江戸木綿問屋・長谷川邸を左に見て、やがて右手に宣長の旧宅跡に着く。その後松阪公園
へ戻る。吉田悦之館長は観光客の他にも松阪の人たちにも日常的にも親しんでもらいたいと
いう期待を持っているということである。





[ 写真の見方 ]
各写真をクリックすると高画質写真が見られます、
閉じる時も高画質写真をクリックしてください。
右クリックは手動時「次へ」、自動スライド時「静止」になります。



三重県の風景・祭り











高画質写真 のプログラムは宮本様  から拝借しています。



inserted by FC2 system